アテニアクレンジングオイルが珊瑚草オイル配合でリニューアル!新旧比較体験レビュー

renewalcleansingoil




アテニアのクレンジングオイルが11月13日にリニューアル新販売。珊瑚草オイルという成分が新たに配合され、さらに、くすみにアプローチできるようになりました。

ブライトニングケアの領域に入ったアテニアの新スキンクリアクレンズオイル。

さらなら肌の明るさが期待できるとのことですが、本当かなぁ???

という意見もあると思います。

そこで、一足早く、実際に試してみたので、リニューアルする前と後の違いを一足早く紹介していきたいと思います。

アテニアクレンジングオイル リニューアルで珊瑚草オイル成分が配合

renewalcleansingoil

2016年アテニアのスキンクリアクレンズオイルが発売された時、ロックローズオイル、イモーテルオイルがくすみを引き起こす酸化を取り除く成分として配合されました。

今回のリニューアルで、アテニアは、肌のくすみの原因となるのが、「酸化」だけでなく、「糖化」による肌ステインでも起こることに着目したんです。

そこで、今回、糖化によるくすみに対してのアプローチ方法として、アテニアは、この珊瑚草に、高い糖化抑制効果を確認。

今迄のバオバブオイル・アルガンオイル・ロックローズオイル・イモーテルオイルといった高級美容オイルと一緒に、肌の明るさを取り戻そうとする仕組みなんですって。

toukasangosouoil

(引用元:アテニア)

上の表から見ると、1週間、珊瑚草オイルを使う事で、糖化を分解し、肌ステイン量がやや減少していることが分かりますね。

アテニアクレンジングオイルの新成分・珊瑚草オイルとは

珊瑚草オイルとは、海辺に生息する珊瑚草から抽出したオイルのこと。

海辺の植物に多く含まれている「フコステロール」と陸の植物に多く含まれている「ステロール」が合わさって、珊瑚草が糖化を抑制しているということなんです。

アテニアクレンジングオイルの珊瑚草ってそもそもなんぞや?

sangosou

珊瑚草は、北海道の厚岸町厚岸湖で発見されたことから、別名アッケシソウとも呼ばれています。ヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの寒帯地域に生息しています。

秋になると、茎や枝が赤紫色に染まることから珊瑚草と呼ばれるようになりました。

珊瑚草は、塩分に強いことから海辺、干潟、湖周辺で育つ植物なんです。

そのため、海水中のミネラルや酵素を含み、鉄分や食物繊維が豊富に含まれています。スッキリに良いという事で、調べてみたら、粉末状や顆粒タイプのサプリもあるんですね~。

珊瑚草は、食べる化粧品とも呼ばれているくらい、美容にも良いということなんです。

まめこ

珊瑚草だから、珊瑚と同じ海の中にある、わかめみたいなもん?と思ったら全然違ったわぁ。。。(笑)

くすみ対策に3つの美容オイルが配合
  • ロックローズオイル

フランスやイタリアに自生する植物で、紫外線が強く、酸化しやすい高地でも強い花を咲かせます。

このロックローズオイルが、酸化による肌ステインをゆるめてはがす働きをしてくれます。

  • イモーテルオイル

ロクシタンなどのブランドでも取り扱っている有名な美容オイルのひとつ。

地中海沿岸の植物で、乾燥した土地でも、強い生命力を持つことから、イモーテル(不滅)という名前になったくらい。抗炎症作用や殺菌作用があります。

このイモーテルオイルが、酸化によってできた肌ステインが出来ないように未然に防ぎます。

  • 珊瑚草オイル

糖化による肌ステインを分解して、汚れを取り除く役割をします。

珊瑚草オイル等の他に、肌のうるおいを守るバオバブオイル、毛穴詰まりや角栓、余分な皮脂をケアするアルガンオイルといった生息環境が厳しい地域でも強い生命力を持つ2つの美容オイルも入って、肌色を明るくするようサポートしていきます。

さらに詳しく>>>アテニア スキンクリア クレンズ オイル

アテニアクレンジングオイル くすみの原因となる酸化と糖化について

worryface
私たちは、酸化、糖化、光老化(紫外線)という3大要因によって老けるといわれています。

お肌もカラダも同じです。

酸化は、いわゆる、体が錆びる事。

皮脂は分泌されて数時間経つと、酸化して過酸化脂質に変わります。

その結果、肌の表面にある表皮で細胞障害を引き起こして、くすみになってしまうんです。

一方、糖化は、パンのおこげと同じように、体の中が焦げている状態。

食事などから摂った余分な糖質が、体中のタンパク質(皮膚や臓器・血管・骨・筋肉)と合わさって酸化し、細胞を劣化させてしまうのが糖化です。

糖化が進むと、たんぱく質はAGEs(終末糖化産物)に変わり、皮膚のハリや弾力が失われてきます。その結果、肌の黄ぐすみやたるみ、しわとなって現れてきます。

皮膚の新陳代謝も悪くなるので、シミも出来やすくなるんです。

※糖質とは、お菓子や果物の甘い食べ物や、白米、小麦粉などの穀類、イモ類のことです。

全ての糖質が悪いわけではなく、運動不足などによって、体内に蓄積された余分な糖質が糖化を招いてしまうんです。

あや

抗酸化・抗糖化って最近よく聞きますよね。体の健康がお肌の美容にもつながるというわけなんですね。

くすみとなる生活習慣
  • メイクが落とし切れていない
  • 紫外線
  • 乾燥(エアコン・スキンケア不足)
  • 血行不良(睡眠不足・ストレスなど)
  • ターンオーバーの乱れ
  • パソコンやスマホなどによるブルーライト

こういった生活習慣にも気を付けていくと、くすみも一層、すっきりしやすいです。

アテニアクレンジングオイル リニューアル後のレビュー体験

cleansingoilrenewalhikaku

↑左がリニューアル後  ↑右がリニューアル前

実際に、先行体験として、新アテニアクレンジングオイルを使ったのでレビューをしていきます。

アテニアクレンジングオイルのリニューアル後の色

上の写真を見ると、新しいリニューアル後のクレンジングオイルの方が、より黄色がかった見えますが、実は、容器が黄みがかっているからなんです!。

ボトルの上部を見れば容器の色が分かりますね。

実際に、お皿にとってみると、ほとんどリニューアル前後のクレンジングオイルの色に変わりはないと思いきや、意外にも、リニューアル後の方が、透明に近いんですよ~。

アテニアクレンジングオイルのリニューアル後の香り

私には、香りの違いが分かりませんでした。娘に聞いてみたら、新しいスキンクリアクレンズオイルの方が、香りが若干強いと言っていました。

香りは、リニューアル前と変わらず、レモングラス、ベルガモット、ビターオレンジ、ラベンダーの精油がブレンドされた香り。甘酸っぱいレモングラスの香りが広がります。

新しい方が、フレッシュな分、香りがあるのかもしれません。

アテニアクレンジングオイルのリニューアル後のテクスチャー

renewalhikaku

クレンジングオイルをくるくるっと指でかき混ぜた後の写真です。

右側の以前のクレンジングオイルの方が、中心にかき混ぜた後が残っていることからも、テクスチャーは、リニューアル前の方がとろみがあることが分かります。

左側のリニューアル後のクレンジングオイルの方が、サラサラしています。

アテニア新クレンジングオイルの洗浄力について

removemakeup1

ウォータープルーフタイプのアイライナー、マスカラ、そして、クリームファンデーション、口紅を手の甲に塗ってメイク落ち実験をしてみました。

使ったコスメ
  • DHC クリームファンデーション
  • LUNASOL(ルナソル)  エアリーグロウリップス
  • ヒロインメイク 超迫力ロングカールスーパーウォータープルーフマスカラ
  • ヒロインメイク ロングステイシャープジェルアイライナー

クレンジングオイルなだけに、クリームファンデーションと口紅は、2回ほどクルクルなでただけで、簡単に落ちていきました。

ウォータープルーフのアイメイクは、やはり落ちにくいですね。ただ、アイライナーよりマスカラの方が落ちやすいです。

removemakeup2

ぬるま湯で乳化した後の様子がこちらの写真。マスカラはかなり落ちたものの、アイライナーが手ごわいです。

それから、最後にぬるま湯で洗い流します。

removemakeup
すると、マスカラは、比較的簡単に落ちていきましたが、若干アイライナーは残りましたっ。。。

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、ダブル洗顔不要となっていますが、ウォータープルーフでも、メーカーによって、落ちやすいものと落ちにくいものがあるので注意してみてください。

お湯で落ちるフィルムタイプなら問題ありませんが、ウォータープルーフやスマッジプルーフタイプのアイメイクは、できたら、事前に店舗で落ちるかどうか確認できると良いですね。

くすみに対しての効果はいかほど?

上の写真を見て、くすみは取れて肌が明るくなったような気もするし、変わらないような気もする・・・。

数回試すのではなく、ガッツリ何ヵ月間か、継続して使っていかないと結果が分からないかも。

もしかすると、私が、肌ぐすみに深刻に悩んでいるなら、短期間で違いが分かったのかもしれません。

いずれにせよ、くすみにそんなに悩んでいない場合は、もうちょっと長丁場で見ていく必要があると感じました。

アテニア新クレンジングオイルの保湿力について

メイクを洗い流した後、ぬるま湯の方が、洗い上がりがさっぱりします。しっとりめがお好みの場合は、限りなく冷たさを感じるようなぬるま湯を使った方がいいかも。

リニューアル後の新作アテニアクレンジングオイルの方が、洗い上がり若干しっとりしているような感じがしました。

新しい方が、肌に残る保湿力・しっとり感を長く感じることができました。

アテニアクレンジングオイル 珊瑚草オイル配合でエイジング対策

アテニアクレンジングオイルのリニューアル前後の違いを比較紹介しました。

糖化によるくすみ対策に珊瑚草オイルが新たに配合されましたが、くすみへの効果については、長期戦が必要かもしれないなという印象を受けました。

全体的に見ると、リニューアルしたことで、洗浄力は変わらず、保湿力がアップしたように感じました。

今回のリニューアルで、大容量パックのエコパック(たっぷり約4か月分)も新しくなって、ポンプ式が繰り返し使えるようにもなりましたよ。

このことで、最後の一滴まで使い切ることが出来るようになり、レギュラーサイズ2本買うよりも、エコパックの方がお得な価格になりました。

アテニアは、一流ブランドの品質を1/3の価格で販売するということを追求しているので、リーズナブルな価格でありながら、このハイクオリティはさすが!。

くすみに悩んでいる・コスパ高いクレンジングオイルを求めている方におすすめです。


40代美人は目元がリッチ
目元に優しいクレンジング






目元は見た目年齢や第一印象を左右する重要なパーツ。目元が若々しい人に限って大事にするのがクレンジングです。目元を若々しくキープするクレンジングを本気で見つけてみませんか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です