アテニアとファンケルとシュウウエムラどっちにする?実体験を写真と表で比較

attenirfanclshuindex




アテニアやファンケル、シュウウエムラのクレンジングオイルは、LDK the Beautyや美的などの大手美容雑誌や美容口コミサイトでも、必ず取り上げられるブランド。

メイク落ちも良いと評判ですよね。

だけど、なかなか、どっちがメイクが落ちるとか、どっちがしっとりするとか、なかなか分かりづらかったりしませんか?。

実は、アテニアって、ファンケルと同じ会社(正しくは、同じグループ会社)なんですよ!

今回は、アテニア・ファンケル・シュウウエムラのクレンジングオイルを実際に使っている私が、徹底比較検証して写真・一覧表付きでお伝えしていきます。

この記事で分かること
  • アテニア・ファンケル・シュウウエムラの特長の比較
  • アテニア・ファンケル・シュウウエムラの洗浄力・保湿力の比較
  • アテニア・ファンケル・シュウウエムラのデメリット
  • アテニア・ファンケル・シュウウエムラ価格・特典の比較

アテニア・ファンケル・シュウウエムラどっち派?スペック一覧表

attenirfanclshucleansingoil

アテニアとファンケルとシュウウエムラのクレンジングオイルのスペックを一覧表にまとめました。

商品名アテニア ファンケルシュウウエムラ
内容量175mL(約30日分)60mL(約30日分)150mL(約60日分)
ダブル洗顔不要不要不要
濡れた手OKOKNG
マツエクOKOKOK
無添加処方3種類5種類特に記載なし
香りレモングラス等天然精油
香料
無香料香料
テクスチャーとろっとしているややさらさらさらさら

※いずれも、マツエクは、一般的なシアノアクリレート系のグルーを使っている場合となります。

アテニアクレンジングオイル商品の特長

attenircleansingoil

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、メイク落ちだけじゃなく、洗い上がりの肌への保湿、くすみに焦点を当てたクレンジングです。

紫外線やストレスによってできる、くすみの原因となる肌ステインを、植物系油脂のロックローズオイルが取り除き、イモーテルオイルが、肌くすみにならないよう未然に防ぐよう働きかけます。

バオバブオイルとアルガンオイルが入っているので、毛穴や余分な皮脂汚れを落としながら、洗い上がりもしっとり。

香りは、レモングラスやベルガモットを中心に、ネロリ(オレンジ)、ラベンダー、レッドシダーといわれる樹液を配合。天然精油のブレンドで、シティホテルにいるかのようなリラックスできる香りです。

鉱物油・パラベン・アルコールが無添加となっています。また、ノンコメド処方(ニキビが出来にくい)・アレルギーテスト済みです。

あや

因みに、アテニアって、ファンケルグループなんですよ。

全成分表示

エチルヘキサン酸セチル/ジイソノナン酸BG/ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10/オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20/ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20/(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル/シスツスモンスペリエンシスエキス/ヘリクリスムイタリクムエキス 保湿・湿潤剤/バオバブ種子油/アルガニアスピノサ核油/アメリカネズコ木水/レモングラス油/ベルガモット果実油/ビターオレンジ花油/ラベンダー油/パーム油/トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル/パルミチン酸アスコルビル/ステアリン酸イヌリン/トコフェロール/香料/フェノキシエタノール

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルの商品の特長

fanclmildcleansingoil

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、「おみごと三段落ち」とうたっているだけあって、瞬即で落ちるメイク落ちの良さ、ザラツキ・角栓や毛穴への効果に焦点を当てたクレンジング。

ファンケルは、するんとメイクも毛穴汚れも落ちると有名ですが、だからといって、肌へのうるおいをおろそかにしているわけではありません。

使い続けることによって、乾燥小じわが目立たなくなるという効能評価試験済みとなっています。

また、ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤が無添加となっています。

製造年月日もパッケージに記載しているところが安心です。

全成分表示

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、 ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、(カプリル酸/カプリン酸)カプリリル、 オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、 グリセリン、ジカプリリルエーテル、ジメチコン、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、 メドウフォーム油、ジグリセリン、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/ セチル/ステアリル/ベヘニル)、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、 ダイズ油、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール

シュウウエムラクレンジングオイルの特長

shuuemuracleansingoil

シュウウエムラのアルティム8スブリムビューティクレンジングオイルは、メイク落ちの良さはもちろん、8つの植物性油脂を配合しているので肌への優しさ、洗い上がりのカシミヤ肌(肌触りの良さ)に焦点を当てたクレンジング。

だから、クレンジングオイルでも、メイク落ちはそこそこ欲しいけど、肌へのやさしさ、うるおいも欲しいというエイジングサインが気になる方向け。

なんといっても、シュウウエムラの最高峰のプレミアムクレンジングオイルといっているだけに、相当力を入れていることが分かります。

確かに、使ってみないと分からない、あの洗い上がりの肌の心地よさ。

そこはかとなくしっとりするところが、上品なカシミヤ肌なのか~と、思わずうなづいてしまいます。

デパコス系のクレンジングオイルですが、入っている成分も8種類の植物性オイル配合(トウモロコシ胚芽油・シア油・スクワラン・ホホバ種子油・サフラワー油・オタネニンジン根エキス・ダイサンチクエキス)で肌荒れしにくくなっています。

自然由来98%のクレンジングオイルのせいか、その分お値段も高めです。

全成分表示

トウモロコシ胚芽油 パルミチン酸エチルヘキシル トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,ミリスチン酸イソプロピル ジオレイン酸ポリグリセリル-10 ジカプリン酸ポリグリヤリル-6 オレイン酸ポリグリセリル-2 メドウフォーム油 フェノキシエタノール リナロール スクワラン ツバキ種子油 ホホバ種子油 ラウロイルサルコシンイソブロピル サフラワー油 ジカプリリルエーテル 炭酸ジカプリリル トコフェロール ゲラニオール ダイス油 クエン酸ステアリン酸グリセリル シア脂 リン脂質 オタネニンジン根エキス ダイサンチクエキス クエン酸 香料

アテニアとファンケルとシュウウエムラの色 テクスチャー 香りの比較

attenircleansingoil-a

それでは、アテニア・ファンケル・シュウウエムラのクレンジングオイルについて比較をしていきます。

色・テクスチャー・香りの比較

色については、アテニアのスキンクリアクレンズオイルが、ほんの少しだけ黄色味がかっています。

ファンケルとシュウウエムラのクレンジングオイルは、透明です。

shuuemuracleansingoil-color
ここで、テクスチャーの比較です。

  • 1番サラサラして垂れていったのが、シュウウエムラのクレンジングオイル
  • 2番目にサラサラしていたのが、ファンケルのマイルドクレンジングオイル
  • 3番目がアテニアのスキンクリアクレンズオイル

つまり、アテニアのクレンジングオイルが、3つの中ではとろみがあります。

そして、香りがあるのが、シュウウエムラのクレンジングオイルとアテニアのスキンクリアクレンズオイル。

ファンケルは無色・無香料です。

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、レモンの甘酸っぱい香りがします。

シュウウエムラのクレンジングオイルは、香料使用で、表現が難しいですが、どっちかというと石鹸のような香りがします。

アテニア・ファンケル・シュウウエムラ どっちが洗浄力あるか実験

atternirfanclshucleansingoil

アテニア・ファンケル・シュウウエムラのクレンジングオイルのメイク落ちについて、こういった流れで、比較検証を行いました。

乳化については、一応、全てのメイクで行いました。

メイク落ち実験の流れ
  1. メイクを腕に塗布
  2. 乾いた腕にクレンジングオイルをのせる(大さじ1)
  3. くるくると20回マッサージ
  4. ぬるま湯で乳化(10回マッサージ)
  5. ぬるま湯で洗い流す
  6. 保湿度を肌チェッカーで確認

使ったメイクはこちら。

usedmakeup

左から順にこういったメイクを使いました。

  • ヒロインメイクの超迫力ロングカールスーパーウォータープルーフマスカラ
  • ヒロインメイクのインパクトリキッドアイライナースーパーウォータープルーフ
  • LUNASOLのエアリーグロウリップス
  • コフレドールのリキッドファンデーション

アイメイクは、お湯でも落ちないウォータープルーフタイプです。

大体、同じ量のメイクを腕にのせたつもりだけど、こうやって見ると、ファンケルが若干多めにメイクをのせてしまってますねッ。

cleansinghikaku

ファンケル・アテニア・シュウウエムラのクレンジングオイルをそれぞれ、乾いた腕に大さじ1垂らしました。

ファンケルもアテニアも濡れた手で使えることになっていますが、すばやく、肌負担を少なく落としたいなら、乾いた手で使った方がいいです。

今回は、乾いた腕で試してみました。

メイクにクレンジングオイルをのせて、くるくるとなじませていくと、どのクレンジングオイルも、リップ(口紅)とファンデーションはすぐに落ちました。

cleansinghikaku

どっちかというと、やや、ファンケルのマイルドクレンジングオイルの方が、アテニアやシュウウエムラより、マスカラ。アイライナーをより落としています。

メイクが落ち始めるのが早いのが次の順番でした。

①ファンケル 
②シュウウエムラ
③アテニア

一方で、ウォータープルーフタイプのマスカラとアイライナーは、どのクレンジングもなかなか落ちません。

そこで、少しのぬるま湯を手にとって、乳化していきます。

  • アテニアとファンケルは、公式サイトによると、乳化不要ということになっています。
  • シュウウエムラのクレンジングオイルは、乳化をする必要があります。

ただ、こちらでは、全部乳化をして比較していきます。

というのも、やっぱり、乳化をした方が落ちが良いんですよね。

nyukago

そうすると、ウォータープルーフタイプのアイライナーやマスカラが、やや落ちてきました。

最後に、ぬるま湯で10回くるくると洗い流すと、こうなりました。

aftercleansing

どうでしょう?

かなり、手ごわいウォータープルーフのアイメイクでも落ちました。

乳化した時に、かなりアイメイクが残っていたので、「洗い流してもどうせ落ちないだろうな・・・」と思ったかもしれません。

ところがですよ!。最後にぬるま湯で洗い流すと、ここまで苦もなく落ちるんですよ。

ここが、クレンジングオイルの良さともいえます。

アテニア・ファンケル・シュウウエムラの洗浄力を比較した感想

メイク落ち比較の結果
  • 1番メイクが落ちたのが、ファンケルのマイルドクレンジングオイル
  • 2番目にメイクが落ちたのが、アテニアのスキンクリアクレンズオイル
  • 3番目が、シュウウエムラのクレンジングオイル

やっぱり、ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、メイク落ちが良かったです。

他のクレンジングジェルやミルクと比べると、3つともに、メイク落ちが良い方です。

ですが、それでも、3つの中でどっちがクレンジング力があるのか比較すると、こういった結果になりました。

シュウウエムラのクレンジングオイルは、最初の落ちが早いけど、最後、ウォータープルーフタイプのアイメイクは落ちにくかったです。

その点、アテニアのクレンジングオイルは、最初はメイク落ちが遅かったものの、乳化後の落ちが早かったです。

あや

ちなみに、ナチュラルメイクなら、どのクレンジングでもすぐに落ちますよ。

fanclmildcleansingoil

ファンケルのクレンジングって肌荒れするのか心配?評判と雑誌から読み解くその答えとは

2019-08-23

アテニア・ファンケル・シュウウエムラ どっちが保湿力あるかの違い

biluluskinchecker

最後に、保湿力チェックということで、美ルルスキンチェッカーで肌の保湿度をチェックしてみました。

この美ルルスキンチェッカーでは、水分量35%~50%、油分量20%~30%が普通肌で理想肌の基準となっています。

念のため、スキンチェッカーで2回測りました。

fanclskinchecker
ファンケルは、水分量34% 油分量38%。

attenirskinchecker

アテニアは、水分量34% 油分量39%。

shuskinchecker
シュウウエムラは、水分量33%、油分量40%という結果になりました。

ちょっと、油分量が高めの数値となりましたね。

顔と違って、腕は、あまりクリームなどお手入れしないので、顔よりは乾燥気味という結果になりましたが、3つともにそんなに大差がない結果になりました。

私の使用感では、次のような順番で、洗い上がり肌のしっとり感があります。

  1. アテニアのスキンクリアクレンズオイル
  2. シュウウエムラのアルティム8スブリムビューティクレンジング
  3. ファンケルのマイルドクレンジングオイル

アテニア・ファンケル・シュウウエムラのクレンジングオイルのデメリット

iccyaikenai
アテニアのスキンクリアクレンズオイル・ファンケルのマイルドクレンジングオイル・シュウウエムラのアルティム8スブリムビューティクレンジングオイルのデメリットを、あえて言わせていただきますね。

アテニアのスキンクリアクレンズオイルのデメリット

アテニアのクレンジングオイルについて、あえていうなら、くすみへの即効性は感じにくかったかなと。

長期的に使う必要があるのと、他の生活習慣といった原因も変える必要があるのかもしれません。

使用感に個人差があるとは思いますが、根気強さは必要かもしれませんね。

ファンケル マイルドクレンジングオイルのデメリット

若干、私が気になるのは、ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、唇がカサつくかなというところ。

敏感肌、乾燥肌の方は、保湿をしっかりした方がいいですね。

ただ、アイメイクをしっかりした時や、夏に日焼け止めなどしっかり下地もメイクした時にファンケルのマイルドクレンジングオイルを使うと、するんとメイクが落ちるので便利だし、ダブル洗顔不要なので重宝します。

シュウウエムラのアルティム8スブリムビューティクレンジングオイルのデメリット

シュウウエムラのクレンジングオイルは、香りが好みによって分かれるかな。

高級デパコス系にありがちだけど、わざわざ、香料にこだわる必要ないかなと。

最後に、洗い流す時、シュウウエムラのクレンジングオイルは、香りが残りやすいので、気になる方は、洗い流しをきちんとした方がいいです。

 

アテニア・ファンケル・シュウウエムラのクレンジングオイル比較実験結果

shuuemuracleansingoil-use
アテニア・ファンケル・シュウウエムラの比較実験をした結果をまとめました。

商品アテニアファンケルシュウウエムラ
使いやすさ
メイク落ちの良さ
保湿度
毛穴
肌へのやさしさ


シュウウエムラ
は、写真のように、ボトルにストッパーもついているから、使いやすいです。

シュウウエムラは、香料を使用しているものの、8種類の植物性オイルを使っているところが、肌荒れしにくいポイント、肌へのやさしさが二重丸だと感じました。

ファンケルは、なんといっても、メイク落ちの良さが良かったです。毛穴へのスッキリ感を感じるのも、ファンケルです。

アテニア・ファンケル・シュウウエムラのクレンジングどっちが安い?

shopping

最後に、アテニア・ファンケル・シュウウエムラのクレンジングオイルの値段比較をします。

商品名アテニアファンケルシュウウエムラ
内容量175mL(約30日分)60mL(約30日分)150mL(約60日分)
価格(税込)1,870円500円5,060円
送料無料無料※有料
単価/1日62.3円16.6円84.3円

いずれも、定期便ではなく、単品購入できるのが嬉しいところです。

アテニアクレンジングオイル

アテニアの場合は、公式サイト初回限定に限り、ドレスリフトローションのミニサイズがもらえます。

このドレスリフトローションは、ハリやしわといったエイジングサインが気になる方向けの化粧水。

あや

アテニアの中でも売れ筋商品で、雑誌でもランキング上位に入るなど高評価なんですよ。

しかも、購入時スクラッチキャンペーンに参加すると、最大300円割引になるので、1,570円で買い物できるかもしれません。

そうすると、単価52.3円となり、コスパで最強なのは、アテニアですね。

また、商品到着後14日間以内なら、商品返品・返金・交換可能なところも安心なポイントです。

アテニアのクレンジングオイルの初回限定特典
  • ドレスリフトローション(30mL/14日間分)
  • メルマガ登録でミニサイズのサンプルがもらえる
  • 送料無料
  • 商品到着後14日間以内なら、商品返品・返金・交換可能
ファンケルクレンジングオイル

ファンケルは、初回限定に限り送料無料。

なおかつ、返送料負担なしで無期限返品保証つきで安心。

同じ量のマイルドクレンジングオイルが、ドラッグストアやコンビニでも販売しています。

ですが、お値段が1,000円ほどするので、半額で試せるファンケル公式サイト限定の方がお得です。

シュウウエムラクレンジングオイル

シュウウエムラのクレンジングオイルは、公式サイトで購入すると、1回の注文につき、全国一律450円(税抜)の送料がかかってきます。

7,000円(税抜)以上の購入で送料無料となります。

ですが、シュウウエムラのアルティム8スブリムビューティクレンジングオイルは、450mLの大容量タイプだと、税抜11,500円なので配送料無料となります。

単価を見ると、ずば抜けて高いという印象は受けませんが、送料がかかるとなると、さらに若干高めになりますね。

ですが、他のネット通販サイトによっては、送料無料になるので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

 

アテニア・ファンケル・シュウウエムラのクレンジングオイルどっちが好み?

attenirfanclshucleansingoil
アテニアスキンクリアクレンズオイル、ファンケルマイルドクレンジングオイル、シュウウエムラのアルティム8スブリムビューティクレンジングオイルの徹底比較検証をしました。

まめこ

どっちが好みでしたか?

3つのクレンジングどっちか悩んだらこっち
  • メイク落ちの良さ・毛穴の悩みで選ぶなら、ファンケルのマイルドクレンジングオイルが推し!
  • 成分・肌への優しさで選ぶなら、シュウウエムラのアルティム8スブリムビューティクレンジングオイルが推し!
  • バランスの良さで取るならアテニアのスキンクリアクレンズオイルが推し!

実際は、今使っているメイクとクレンジングとの相性もあるし、肌質、肌の調子によっても使用感は変わってきます。

使ってみないと分からないところもありますが、みなさんの疑問・不安など知りたい情報をお届けできたなら嬉しいです♪。


40代美人は目元がリッチ
目元に優しいクレンジング






目元は見た目年齢や第一印象を左右する重要なパーツ。目元が若々しい人に限って大事にするのがクレンジングです。目元を若々しくキープするクレンジングを本気で見つけてみませんか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です