目元に優しいクレンジングで厳しい乾燥を乗り切る・冬枯れ肌サヨナラ

womanwinter




クレンジングって目元に優しいと嬉しいですよね。目元の皮膚は薄いので、間違ったクレンジング方法をしてしまうと乾燥して、しわの原因になります。

しかも、秋冬シーズンは、肌枯れしないように特に注意しないといけない季節。毎年冬になると鏡を見て、「去年と比べて目元のしわがまた増えた・・・。」とならないようにしたいものです。

目元ってよく頑張っているんですよ。

だって、日焼け止めクリーム(下地クリーム)、ファンデーション、アイシャドー、マスカラ、アイライナー、マツエク等…こんな沢山のメイクが盛ってある全身のパーツってあります?

ないですよね?スゴイ目元!。それだけに、目元を大切にしてあげたいですね。

目元に優しいクレンジングが必要な40代

agingsign

40才を過ぎるとお肌が乾燥肌に傾く理由

個人差がありますが、女性は40才を過ぎると、多くの女性が乾燥肌であるといわれています。

その理由は、加齢によって、肌奥の真皮内のコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンだけでなく、その真皮が支えている表皮の角層にある細胞間脂質(セラミド等)、天然保湿因子(NMF)も減少してくるからです。

角層は、サランラップ程の薄さ(0.02mm)で、その役割は、肌内部の水分が蒸発しないように水分を保持する働きと、外部からのホコリ、菌などが体内に入るのを防ぐ働きがあります。

こういったお肌のハリやツヤが次第になくなっていく原因には、女性ホルモンの減少が関わっています。

女性ホルモンの「プロゲステロン」は、思春期に皮脂腺を沢山分泌しますが、加齢に伴って「プロゲステロン」が次第に減少してきます。

その結果、皮脂腺の働きが弱くなり、加齢とともにカサつきがちに。そして、乾燥肌になってしまうんです。

そして、女性ホルモンの「エストロゲン」は、お肌のうるおいを守る働きをします。

それだけではなく、お肌のハリやツヤといった弾力性をつかさどるコラーゲンを増やす働きもあるんですが、「エストロゲン」が減少することで、たるみやしわにつながってくるんです。

だからこそ、皮脂腺の少ない目元と唇は特に気を付けたいパーツなんです。

その他の乾燥肌になる原因とは

環境
  • 空気の乾燥
  • 湿度の低下
  • 紫外線
生活習慣
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • PCスマホ等の眼精疲労
  • 栄養不足
  • 長風呂
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 運動不足
間違ったスキンケアや入浴
  • クレンジングや洗顔で肌をこすりすぎている
  • 入浴中に体をゴシゴシ洗ったり拭いたりする
加齢
  • 女性ホルモンの減少
  • 基礎代謝の低下
  • コラーゲン等を作り出す線維芽細胞の減少・機能低下
  • エラスチン等の美肌成分の減少

紫外線がシミの原因である事は知られていますが、紫外線が、お肌の乾燥を招いてしわの原因にもなるという事は意外と知られていません。

紫外線を浴びると、お肌の一番外側にある表皮の角質層はダメージを受けて、外部からの刺激に弱くなりバリア機能が低下してしまうんです。

この事で、お肌内部の水分が蒸発しやすくなり乾燥肌になるんです。

目の疲れ、ストレスや睡眠不足も筋肉のコリ・血行不良を引き起こします。そうすると血液によって運ばれる酸素や栄養が肌細胞に行き渡らなくなり、お肌のターンオーバー(新陳代謝)を遅らせてしまいます。

turnover

栄養について、特に皮膚や粘膜を健やかに保つビタミンB群は、お肌のターンオーバーを正常にする働きがあるので、できるだけ摂りたい栄養素です。卵、乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、レバー、魚介類に多く含まれています。

特にビタミンB2は「美容のビタミン」ともいわれ、脂肪の代謝や細胞の再生を助けて、皮膚や粘膜を健やかに守る働きがあります。ビタミンB2は、レバー、うなぎ、納豆、卵などに多く含まれています。

冬の長風呂はリラックス効果もあり、血行促進、毛穴を開かせたりといいこと尽くめのように感じてしまいますが、40度以上のお風呂に長湯してしまうと、角質層の肌のうるおいを守る天然保湿因子(NMF)が体内に溶けだしてしまうため、お肌が乾燥しやすくなるんです。

体を硬いタオルでゴシゴシとするのもNGです。お肌の外側の角質層を傷つけてバリア機能が低下してしまうからです。
温泉やスーパー銭湯に行く時も注意してくださいね。

間違ったクレンジング方法

  • 間違ったクレンジングを使っている
  • クレンジングでお肌を1分以上マッサージしてこすりすぎている
  • クレンジングシートをよく使う
  • 熱すぎるお湯で洗い流す
  • タオルで顔をこすってしまっている

いずれも、摩擦による肌のこすりすぎ、熱すぎる温度によって、角質層がダメージを受けてしまうんです。

そのため、お肌の表皮の角質層がバリア機能低下し無防備な状態になり、顔が乾燥地帯となってしまいます。

間違ったクレンジングを使っているのであれば、「正しいクレンジングはどの種類?」というと、
クレンジングはメイクや肌質によって変えれば良いんです。

目元に優しいクレンジングは複数使いがGood!

makeup
いつもは、ナチュラルメイクでクレンジングジェルを使っているけれど、ウォータープルーフのマスカラを使っている日は、アイメイクリムーバーとクレンジングジェルの併用をする複数使いの方法が便利です。

肌質×メイクの濃さで考える

  • 乾燥肌×ナチュラルメイク=クレンジングミルク、クレンジングクリーム、クレンジングジェル
  • 乾燥肌×しっかりメイク=クレンジングオイル、クレンジングリキッド、クレンジングバーム

ナチュラルメイクとしっかりメイクの時用にクレンジングを2本使うか、もしくは、いつも使っているクレンジングにアイメイクリムーバーも併せて使うという方法もアリです。

マツエクユーザーなら、アイメイクリムーバーを併せて使っても良いし、マツエクOKと書いてあるクレンジングを使ってもOKです。

ナチュラルメイクであれば、界面活性剤弱めのクレンジングミルクやクリームタイプでも大丈夫。それぞれのクレンジングの種類だけでなく各商品によっても、洗浄力など特徴が違うので、断定はできませんがそういった傾向にあります。

また、アイメイクリムーバーには、目元に優しいように作られているため、メイク落ちがスルッと短時間で済むのが特徴です。

つまり、保湿成分が含まれているものの、界面活性剤が使われているんです。だから、目元のお肌に負担がかからないようにすぐメイクが落ちるように作られているんです。

だけど、いつも使っているクレンジングでもスルッと楽にマスカラやアイライナー、アイシャドー、リップグロスなど油分の強いメイクが落ちるのであれば、アイメイクリムーバーを使わなくても大丈夫です。

mascara

コットンで拭き取るタイプのアイメイクリムーバーを使うなら、コットンにたっぷりとアイメイクリムーバーを使って、目のキワなどは綿棒なども使って、肌をこする回数をなるべく減らすようにしましょう。

乾燥肌にとって、お肌の負担はなるべく軽くしたいので、W洗顔不要でクレンジングを終わらせたいものです。

ですが、W洗顔が必要か不要かは、季節によっても変わるので、それぞれお肌の状況を見て臨機応変に変えていきましょう。

目元に優しいクレンジングを使うだけではなく、クレンジングすら不要になるかもしれない、目元に優しいメイクをするという逆パターンもあります。

ミネラルファンデーションなどのミネラルコスメ、お湯で落ちる、かつ、ウォータープルーフのマスカラ、アイライナーといったメイクを使う事で、クレンジングをする時のお肌への負担を減らすことが出来ます。

最後に保湿はしっかりと

今は、乾燥肌だけじゃなく、乾燥による刺激が原因で肌のバリア機能が低下して、刺激やアレルゲンで肌トラブルを起こしやすい肌になってしまう場合があります。

つまり、乾燥が引き金で、肌が敏感になった状態の乾燥性敏感肌である女性が増えてきているんです。

乾燥肌、乾燥性敏感肌のどちらの場合でも、目元に優しいクレンジングまで終わったら、あとは、お肌の水分が蒸発しないうちに、なるべく早く保湿ケアをしましょう。セラミドやヒアルロン酸などの成分が入ったスキンケアアイテムがおすすめですよ。


目元からキレイ美肌を目指しませんか?

目元は見た目年齢に直結するだけに、目元が若く美肌だと人生メリットが多いです。その美肌作りにはクレンジングが欠かせません。アイメイク別・洗浄力・保湿力などの点からクレンジングを厳選して紹介しています。多忙な40代女性の美容のお手伝いができれば光栄です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です