クレンジングジェルで目の敏感な部分をケアする方法と注意点

aftercleansing




目の部分は、皮膚が薄く皮脂量も少ないため、摩擦といった刺激に弱いです。

そのため、クレンジングをする時に気を付けないと、年齢の割に目元がシワシワに…なんていう事になってしまいます。

そこで、ドクターズコスメとして、よく売っているのが「クレンジングジェル」。

クレンジングジェルは、クレンジングクリームより洗浄力があり、オイルほどお肌に負担がかからないというトコロが敏感肌や乾燥肌の方にも人気。

そのクレンジングジェルの種類・特徴と正しい使い方や注意点等を紹介します。

クレンジングジェルの種類

cleansinggel

水溶性クレンジングジェル

オイルフリー

オイルが含まれていない分、界面活性剤でメイクを洗い流します。マツエク(まつ毛エクステ)をしている人には、使い勝手の良いクレンジングの種類になります。

そのクレンジングジェルに配合されている界面活性剤が弱ければメイク落ちが劣りますが、お肌の負担は軽くなります。

オイルイン

油分が少量配合されているクレンジングジェルは、オイルフリーのクレンジングジェルと比べて、メイクとの馴染みが良く、メイク落ちも良いです。

油溶性のクレンジングジェルと比べると、ややメイク落ちは劣りますが、ナチュラルメイクの場合なら、問題なく使えます。

油溶性クレンジングジェル

油分が主成分のクレンジングジェルで固めのテクスチャー。洗浄力が高めです。そのため、ウォータープルーフのマスカラといった濃いメイクを落とすことが出来ます。

つまり、脱脂力が強いんですね。脱脂力とは、表皮の角質層にある、お肌の皮脂を取ってしまうという事です。

クレンジングジェルを選ぶ時には、どの種類のクレンジングなのかをクレンジングの裏の成分表示を見て確認しましょう。

クレンジングジェルの特徴

cleansingtowel

クレンジングジェルのメリットといえばコレ。

  • とろんとした厚みのあるジェルでマッサージをする時に、摩擦になりにくい
  • 低刺激で敏感肌や乾燥肌の方でも安心
  • 洗い上がりが良い加減
  • 濡れた手でも使える
まめこ
クレンジングジェルといえば、ぷにぷにっとした触り心地がなんとも気持ち良いよね。
あや
そうそう。弾力性のあるジェルがよく伸びて、顔と手の平の間のクッションとなり、摩擦を防いでくれます。

ついつい、クレンジングをする時に、思わずこすってしまうと、お肌の表皮とよばれるお肌の外側部分(さらにいうと表皮の角質層)の皮脂を奪ってしまい、お肌の水分が外に逃げて行ってしまいます。

また、バリア機能が低下して、花粉症になりやすくなったり、外部の刺激がお肌への炎症といった負担になりやすくなります。

ですから、クレンジングジェルは、クレンジングする時の摩擦を減らすのに一役買ってくれるという訳なんです。

クレンジングジェルによっては、W洗顔不要だったりするので、さらに、お肌への負担を軽くすることも出来ます。

そして、クレンジングジェルは、ドクターズコスメとしてよく取り扱われています。幾つかの成分が無添加処方だったり、オーガニック成分が入っていたりと低刺激なクレンジングとして開発されているクレンジングもあります。

なので、敏感肌や乾燥肌といったお肌に自信のない時にも使えます。

クレンジングジェルの種類にもよりますが、洗い上がりは、さっぱり~もっちり。好みにもよりますが、オイルのようなしっとりとした感じが苦手な人には、好まれる傾向があります。

まめこ
じゃ、クレンジングジェルのデメリットはどのような点なのかなぁ?
クレンジングジェルのデメリット

  • 濃いメイクだと落ちにくい(水性ジェル)
  • 洗浄力が強すぎてお肌が乾燥する(油性ジェル)
  • 洗い上がりが好みではない

水溶性のクレンジングジェルだと、ウォータープルーフのマスカラ、アイライナーといったアイメイクが落ちにくいです。

ナチュラルメイクの場合なら水性のクレンジングジェルならOKですが、濃いメイクの場合は、油性のクレンジングジェルやアイメイクアップリムーバーや、ほかの種類のクレンジングを目元に使った方が摩擦も少なくて済みます。

まめこ
にゃるほどぉ。

敏感肌のためのクレンジングジェルの選び方

cleansing

お肌が敏感肌になってしまった時のクレンジングジェルは、次のようなクレンジングだと安心です。

  • オーガニック成分を使っている
  • W洗顔不要である
  • 低刺激(無添加処方)
  • ドクターズコスメ

敏感肌になった時は、刺激や摩擦はNG。だから、低刺激でW洗顔不要のクレンジングジェルを使った方が安心です。

あや
さらに、保湿成分配合されているものを選べば、敏感肌にも優しいです。

ドクターズコスメで、医師が研究開発に携わっているクレンジングだと、敏感肌でも使えるように成分に気を配っているクレンジングジェルが多いですよ。

  • マツエクならオイルフリーのクレンジングジェル
  • ナチュラルメイク、敏感肌や乾燥肌の場合、水性のクレンジングジェル
  • 濃いメイクの場合は、油性のクレンジングジェル

その時々の、肌質、メイクの濃さによって、クレンジングを選んでくださいね。

クレンジングジェルを使った正しいクレンジングの方法と注意点

howtocleansing
クレンジングをする前に手を清潔にする

当たり前ですが、クレンジングをする前に、手を洗いましょう。濡れた手でも使えると書いてあってもなるべく乾いた手で使った方が効果は高いですよ。

使用量は守る

クレンジングジェルが少ないとお肌をこすってしまい摩擦になってしまいます。折角のジェルタイプですから、使用量を守って使いましょう。

手の平でクレンジングジェルを伸ばしてから肌にのせる

クレンジングジェルをいきなり肌にのせてしまうと、顔についたクレンジングジェルを伸ばす時に、均一に広がりません。そのため、ムラが起きやすくなり摩擦となってしまうこともあるので気を付けてくださいね。

また、オイルインのクレンジングジェルや油性のクレンジングジェルの場合は、手の平でクレンジングジェルを伸ばすことで、ジェル内のオイルが外に出てきて皮脂やメイクとなじみやすくなります。(水分と油分のバランスが変わることを転相といいます)

皮脂量の多い部分から少ない部分へ

顔にクレンジングジェルをのせていくのは、まずTゾーン(おでこから鼻)です。顔全体に外側に向かってなじませたら、最後に、皮膚の薄い口元、目元をクレンジングしてメイクを落としましょう。

シャワーを直接使わず、ぬるま湯で洗い流す

夏場、面倒だからついついシャワーを顔に当てがちですが、顔を洗う時は、手を使って洗い流しましょうね。その時は、少しだけぬるいかなっと思う程度のぬるま湯で洗い流しましょう。水で洗い流すよりも、短時間でさっぱりとした洗い上がりになります。

清潔なタオルでやさしく水気をふきとる

顔を拭くタオルは、手拭きタオルとは別に清潔なタオルを毎回使いましょう。ゴワゴワしたタオルだと肌への当たりも強いので、フワフワの柔らかいタオルで顔の水気をポンポンっと軽く押さえて取るように拭き上げましょうね。

最後に気を付けるポイントは、力を入れすぎない事です。皮膚の薄い目元口元は薬指を使うなどして、顔をこするといった摩擦を与えないように気を付けましょう。

さいごに

クレンジングジェルは、低刺激でメイクもそこそこ落ちが良いという事で、敏感肌・乾燥肌の方におすすめです。

目元は皮膚が薄い部分のため、見た目年齢を左右してしまいます。

メイクも楽しみたい!。だけど、クレンジングでお肌に負担をかけたくないし…。という時に便利なクレンジングジェルです。


目元からキレイ美肌を目指しませんか?

目元は見た目年齢に直結するだけに、目元が若く美肌だと人生メリットが多いです。その美肌作りにはクレンジングが欠かせません。アイメイク別・洗浄力・保湿力などの点からクレンジングを厳選して紹介しています。多忙な40代女性の美容のお手伝いができれば光栄です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です