クレンジングミルクは目元の乾燥が気になる時の救世主?

skintrouble




クレンジングミルクは、クレンジングオイルやリキッドタイプと比べると、洗浄力はマイルドながらお肌への負担が少ないので、40代女性にとって心強いクレンジングです。

だから、目元の乾燥が気になる敏感肌や乾燥肌向きだといわれています。

ですが、必ずしも、そうともいいきれませんー。

もし、あなたが、敏感肌や乾燥肌だとして、普段ナチュラルメイクならクレンジングミルクを毎日使いにしても大丈夫だといえるでしょう。

だけど、いくら肌への刺激が気になる、乾燥が気になる場合でも、毎日しっかりメイクをしているなら、

  • ポイントメイクリムーバー(アイメイクリムーバー)とクレンジングミルクを併用する
  • 他のクレンジングの種類(クレンジングジェル・バーム・リキッド・オイル)を使う

事をすすめます!。肌質よりもメイクの濃さを優先してクレンジングを選んだ方が良いです!。

というのも、やっぱり、皮膚の薄い目元などは、クレンジングをする時の摩擦や刺激をなるべく減らしてあげて欲しいんです。しわの原因になってしまいますからね。

メイクが落ちなくて何回もこすってしまうよりは、お肌の表皮の角質層にダメージをあまり与えずにさっと洗い流せるクレンジングの方が、お肌に優しいからです。

特に冬は乾燥が一段と進む季節なのでクレンジング選びは超重要です!。

そのクレンジング1つでシワを作ってしまうかもしれないんですから。

クレンジングミルクのメリット・デメリット

cleansingmilk
クレンジングミルク
は、乳液タイプのテクスチャーで、油分よりも水分多めに配合されており低刺激仕様です。

メリットとして、滑らかな伸びの良いテクスチャーで、界面活性剤も比較的少なめであるという点から、お肌への負担が少なく、敏感肌や乾燥肌向きのクレンジングの種類といわれています。

デメリットとしては、水分が多めのため、濃い油性のメイクだと落ちにくいという事です。

各メーカーによって洗浄力も違うので一概に言えませんが、パウダーファンデーションやお湯で落ちるマスカラ・アイライナーなどのアイテムなら落ちます。

ウォータープルーフのアイライナー・マスカラは落ちにくいですね。

また、クレンジングミルクは、水分量を多く含んでいるので洗い上がりがしっとり。ですが、好みによってこの洗い上がりが好きかどうかが分かれます。

クレンジングミルクには、洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。

ですが、拭き取るタイプだと毛穴に界面活性剤や油分がどうしても残ってしまいます。また、コットンで拭き取る時にお肌をこすってしまいます。

お肌のことを考えると、洗い流すタイプのクレンジングミルク方を選んだ方が、40才からのお肌には優しいですよ。

目元クレンジングミルクの使い方のポイント

cleansing

クレンジングミルクは、手や顔が乾いた状態で使う

お風呂に入った時に、手や顔が濡れた状態だと、クレンジングミルクがメイクとなじむ前に水分が混じることになり、クレンジング力が落ちてしまいます。

目元をクレンジングする時は、一番最後に

ナチュラルメイクの場合、目元をクレンジングで洗うのは最後にした方がお肌に優しいです。

皮脂の多い、額や頬からスタートし、鼻・あご・唇・目元とクレンジングをしていきます。

目元は、眉毛、まぶたの順番で、まつ毛は毛の流れに沿って縦方向にクレンジングします。

クレンジングは、乳化をしてから洗い流す

洗い上がりがヌルヌルしている場合、クレンジングミルクの油分がお肌に残ってしまっているかもしれません。

そういう時には、顔をすすぐ時に、一気にぬるま湯で顔を洗い流すのではなく、少量のぬるま湯で手を濡らしてから、メイクとなじませ(乳化)落としていくとヌルヌル感を減らすことができます。

各クレンジングミルクによって使い方は異なるので、実際に使う時は、使用説明書に従って使ってくださいね。

目元と唇の皮膚の薄さに気を付けて

instruction

顔の中で皮膚が薄いのはどこ?

顔の中でも1番皮膚の薄いパーツは目元。とくにまぶたで、0.6mmと極薄なんです。しかも、皮脂腺も少ないため、肌内部の水分が外に蒸発しやすいパーツ。だから、鏡を見ても、目元のキメが粗く乾燥しやすいわけなんです。

そんなまぶたに、私たちはメイクという過酷な試練を与えているんですよ。

目元アイメイクってどんなのがあるの?

ベースメイク
  • 日焼け止めクリーム
  • BBクリーム(CCクリームなどの化粧下地)
  • コンシーラー
  • ファンデーション

さらに、ファンデーションの中でも、油分の多いファンデーションの順番を並び替えてみると、

クリームファンデーション
リキッドファンデーション
クッションファンデーション
パウダーファンデーション

こういう順番になります。

BBクリームは、使ってみると分かりますが、かなり油分が多くクリームファンデーションと同じようなテクスチャーです。

メイクアップとして使うアイテム
  • アイシャドー
  • マスカラ
  • アイライン
  • マツエク
  • つけまつ毛
  • アイプチ

これらのうち、全てのメイクを使ってはいないとしても、こんなに多くのメイクを皮膚の薄いまぶたにのせるという事自体、ある意味、目元に試練を与えているようなものかもしれません。

もちろん、目元を華やかにしてくれる大切なメイクでもあります。

だから、こういった濃いメイクを毎日しているなら、なるべくクレンジングをする時には、こすらないでさっと落ちるタイプの方がまぶたに優しいわけなんです。

唇ケアもお忘れなく

lip
次に、口元も皮膚が薄いんです。

なかでも、皮膚とは違いますが、って案外、お肌が乾燥しているかどうかを測るバロメーターだと感じたことはありませんか?

「なんか唇が乾燥する・・・。」そんな時は、空気が乾燥している証。

リップケアだけじゃなく目元、顔全体の乾燥対策もしないといけないんだと教えてくれているわけです。

唇が乾燥する理由

  • 唇の表皮には皮脂腺・汗腺がほぼない
  • 唇の表皮の角質層が薄い

だから、唇は、外からの花粉や雑菌などの刺激から守るバリア機能も低く、紫外線や乾燥に弱いパーツなんです。

しかも、水分のうるおいを保つ働きも少ないため、さらに乾燥しやすくなっています。

だから、口紅、リップグロスなどを落とそうとゴシゴシこすろうものなら、ほうれい線にも影響を与えてしまう事になるんです。

クレンジングミルクはナチュラルメイク向き

私たちは、皮膚の薄い目元に、沢山のメイクをのせています。

ひとくくりに、クレンジングミルクといっても多種多様ありますが、濃いメイクをしているのであれば、ポイントメイクアップリムーバー(アイメイクリムーバー)とクレンジングミルクを併用して使う事をおすすめします。

もし、毎日ナチュラルメイク派なのであれば、クレンジングミルクを使う事で、肌をこすりすぎない、肌に負担をかけるリスクが減ります。

その結果、将来のしわを防ぐケアも出来るので、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめできるアイテムですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です