もしやコンタクトレンズつけたままクレンジングオイル使ってる?曇りをとるには

contactlense




コンタクトレンズをつけたままクレンジングオイルを使うと、下手すると視界が曇ったりトラブルが起きるかもしれません。

というのは、クレンジングオイルオイル成分がコンタクトに付着してしまっているからです。

コンタクトを一生懸命洗浄液で洗っても、なかなか曇りが取れなくてイライラ!な~んてことありませんか?。

目元は第一印象を決めるほど重要なパーツです。だけど、気を付けないと大事な目に傷つけてしまうかもしれません。

そのために、コンタクトレンズの曇りの原因・コンタクトレンズの曇りを除去するには・クレンジングをする時に注意をするべきことについてお伝えします。

コンタクトレンズが曇る原因

コンタクトレンズが曇る原因は、体内の汚れと体外の汚れがあります。

体内の汚れ

体内から分泌される、たんぱく質、脂質、カルシウムの汚れがそれぞれ混ざり合う事が原因となって、涙を通じて、コンタクトレンズの両面に付着すると、トラブルを引き起こします。

視界が曇ったり、コンタクトレンズをつけている時のゴロゴロ感、角膜を傷つけたり、アレルギー結膜炎を引き起こします。

特に、ソフトのコンタクトレンズは、水を含んでいるため体内の汚れがつきやすく、カビや細菌などの雑菌が繁殖すると目の健康にも影響してくるので注意してくださいね。

体外の汚れ

コンタクトレンズを触る時の手の雑菌、空気中の花粉、チリ、ホコリ、タバコの煙やハンドクリーム、メイク、クレンジングが原因となって、コンタクトレンズの曇り、視界の曇りを引き起こします。

コンタクトレンズが化粧で汚れる

makeup
目元は華やかさを出すメイクポイントなだけに、ついついメイクをたくさんしがち。

数えてみると、まず、ナチュラルメイクの場合でも2種類、化粧下地(UVカットクリーム、BBクリーム)、ファンデーションを使ってメイクしていますよね。

目元がっつりメイクだと、上記2種類プラス3で合計5種類はアイメイクしているんじゃないでしょうか?。

  • マスカラ
  • まつ毛の内側ギリギリのアイライナー
  • アイシャドー

こういったアイメイクの成分がコンタクトレンズについてしまって、コンタクトレンズの曇りを引き起こしています。

まつ毛の内側に、油を分泌する「マイボーム腺」という皮脂腺があります。まばたきする度に、涙に油膜を張って、涙を蒸発させない、目を乾燥させないようにしてくれています。

ですが、まつ毛の根元や内側にアイライナーやマスカラをするとマイボーム腺の分泌を妨げてしまうため、ドライアイになってしまうかもしれないんですよ。

その他にも、メイクではないにしろ、マツエクやつけまをしている女性もいるかもしれません。

こういったメイクがコンタクトレンズについてしまうと、コンタクトレンズが曇り視界がぼやける、目がかすむといった症状を引き起こし、日常生活に困った!状態を引き起こしてしまいます。

コンタクトレンズをしたままクレンジングオイルで洗うとどうなる?

ついつい、まつ毛の内側の皮膚ギリギリに引いたアイライナー、マスカラといったアイメイクを使うと、肌への負担を減らしたいので、短時間でメイクが落ちるクレンジングオイルを使う傾向にあります。

それで、クレンジングオイルの成分がコンタクトレンズについてしまって曇ってしまうんです。

また、クレンジングオイルを使うと、コンタクトレンズの種類によっては変形してしまうなんてことも。怖いですね。しかもいったん変形すると元に戻らないんです。

コンタクトレンズも安くはないので、きちんとコンタクトレンズをとってからクレンジングするように注意してくださいね。

コンタクトレンズをつけている時のクレンジング方法

recommendation
コンタクトレンズに触る時は、必ず指先を石鹸で洗う

クレンジングをする時は、まぶたを直接指でさわるより、コットンや綿棒などを使って目に入るリスクを減らす

メイクをする時も、クレンジングをする時も、まずはコンタクトレンズから。

まず、清潔な手でコンタクトレンズをつけてからメイクをしましょう。
メイクの後に、コンタクトレンズをする方は、まずいないと思いますが、その場合は、メイク汚れが指についてコンタクトへと汚れが移ってしまうかもしれません。

メイク道具も進化し、涙や雨、海などでもとれないように油分を含んだウォータープルーフタイプが増えています。ですが、油分を含んだ汚れが手につくと、石鹸で手を洗わないと、なかなかヌルヌル感はとれません。

まず、最初にコンタクトレンズをつけてからメイクをするクセをつけましょう。

クレンジングをする時も、コンタクトレンズを取ってから。
ついうっかりといった場合や、視力が悪くてコンタクトレンズをつけたままお風呂に入ってしまう場合もあるかもしれません。

うっかりという場合は、忘れないように洗面所で家に帰ったら、コンタクトレンズをとる習慣をつければ良いですよね。なるべく外では、コンタクトレンズ。お家ではメガネという併用をした方が目にも優しいです。

視力が悪い場合は、メガネを使って、お風呂に入るようにしましょう。コンタクトレンズではなく、メガネが曇る事になりますが、少なくとも目を大事にすることはできますよ。

油性成分の少ないクレンジングを使う

あくまでもコンタクトレンズをつけた場合の話です。できるだけコンタクトレンズをとってからクレンジングをしましょうね。

クレンジングオイルはメイク落ちが良い分、オイルが含まれています。その他にも、クレンジングバームも同じようなことが言える場合があります。原材料表示を見ればオイルが多そうだな、少なさそうだなという事がざっくりと分かるります。

敏感肌や乾燥肌という場合には、次のような方法もおすすめです。

  • 水性のクレンジングジェルを使う
  • 油分の少ないクレンジングミルク、リキッドタイプを使う方法
  • 目元専用のアイメイクリムーバーを使う
  • コットンと綿棒も使う

コンタクトレンズの曇りを除去するには

cleansing
シリコンハイドロゲルという種類のコンタクトレンズは、酸素の透過率が高いという利点はあるものの、弱点として脂質汚れがつきやすいんです。

油分をふくんでいないハンドソープで手をきちんと清潔にしてから、洗浄液を使って、やさしくこすり洗いをしましょう。

ソフトコンタクトレンズ用には、MPSという1本で洗浄、すすぎ、保存、殺菌までできる便利な多目的洗浄液がありますが、殺菌力は弱いので注意してください。

水よりも、ぬるま湯の方が油分が落ちやすいです。そうすることで、皮脂汚れ、雑菌なども殺菌してくれます。

さいごに、しっかりとすすぎ洗いをして清潔な保存液で保存してくださいね。週に一度の定期的なたんぱく除去も忘れずにしましょう。

Alconの2010年の調査によると、目力アップのために濃いアイメイクをしがちなエリアは、1位愛知県 2位大阪府 3位東京都なんだとか。昔の調査とはいえ、なんとなく想像できますよね。

アイメイクも大事だけど、目も大事にしてくださいね。


目元からキレイ美肌を目指しませんか?

目元は見た目年齢に直結するだけに、目元が若く美肌だと人生メリットが多いです。その美肌作りにはクレンジングが欠かせません。アイメイク別・洗浄力・保湿力などの点からクレンジングを厳選して紹介しています。多忙な40代女性の美容のお手伝いができれば光栄です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です