30・40代の年齢別お肌の悩みとクレンジングの選び方

cleansing




クレンジングって、お肌の状態に合わせて選んでいますか?

歳を重ねるにつれてお肌の悩みも増えてきます。季節によってもゆらぎやすいし。

そんな時、どういうふうにクレンジングを選んでいますか?

年齢別に30代と40代のアラフォー女性が経験するお肌の変化、クレンジング選び方のヒントを紹介します。

35才からのお肌の変化

  • ターンオーバーの周期が約50日と長くなる
  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少し続ける

ターンオーバーの理想は28日といわれていますが、実際は、歳を重ねるにつれて間隔が長くなってきます。代謝が悪くなることで血流も滞り、シミやくすみが目立ち始めてきます

また、20代後半からのコラーゲンが減少により、30才頃からほうれい線などのしわができ始めます。その後、次第に皮膚の薄い目元のしわも目立ち始めるようになります。

  • しわが出来始める
  • 笑った後に消えないしわも出てくるようになる
  • シミが目立つようになる
  • 頬のたるみ、ほうれい線などで顔のラインが変わってくる

40才からのお肌の変化

  • 女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減り始める
  • ターンオーバーのサイクルが約70日と長くなる
  • コラーゲンの減少幅が大きい

加齢に伴い、皮膚のバリア機能が低下することで、乾燥肌に傾きます。その結果、ハリやツヤが次第に減少し、しわ・たるみ等、一気にエイジングサインが増えてきます。

また、女性ホルモン「エストロゲン」が減り始める事で、肌のうるおいやハリも減少してきます。つまり、お肌が乾燥しやすくなり化粧ノリが悪いといった症状が出てくるようになります。

  • シミが濃くなる
  • しわが深く刻まれるようになる
  • おでこや目の下など今までになかった色々なしわが出てくる
  • くすみやすくなる

アラフォーから始めるクレンジングの選び方

washingface

POINT

  • 日頃のメイクの濃さによって使い分ける
  • 自分のどこのエイジングサインが気になるのか
  • お肌への摩擦が少ないクレンジングを選ぶ
  • お肌への刺激が少ないクレンジングを選ぶ

アラフォーからのクレンジングの選び方は、以上4点を気を付けて選んでいきましょう。

30代後半から40代前半のアラフォー女性は、大きなお肌の曲がり角を経験することになります。
顔の皮膚だけじゃなく、頭からつま先まで体全体のお肌も同じです。

20代の頃は、しっかりアイメイクをして、多少刺激の強いクレンジングを使ってもターンオーバーのサイクルが短いため、肌トラブルを経験することはなかったかもしれません。

ですが、残念ながら、若い頃と同じ刺激の強い、手ごろな価格の時短クレンジングを使うと、お肌に負担がかかってしまいます。

なので、やっぱりアラフォー世代は肌トラブルが起きにくいクレンジングを選ばなくてはなりません。

メイクの濃さによって決める

makeup

マツエク、ウォータープルーフのマスカラ、アイライナーなどを使う場合なら、アイメイクアップリムーバーやマスカラリムーバーで、まず、皮膚の薄い目元のアイメイクを先に落としましょう。

その後に、顔全体のクレンジングを使いましょう。一般的に、洗浄力の高いクレンジングは、クレンジングオイルやリキッドタイプです。合成界面活性剤が多く含まれているためです。

スルッと落ちてW洗顔不要なのは良いのですが、お肌にとって必要な皮脂までも取り過ぎてしまう可能性があります。

一方、油脂系クレンジングといって、鉱物系ではなく米ぬか油など植物系オイルをベースにしたクレンジングオイルは、逆のパターンで、多くは、肌に優しいタイプとなっています。

ナチュラルメイクならば、クレンジングクリーム、クレンジングジェルといった洗浄力もややありながら、肌への保湿もあるものを選ぶと良いです。

エイジングサインによって使い分ける

agingsign

今は、クレンジングも進化しています。美容液成分〇%とか、すごいですよね。10年前にはなかったんじゃないかなと思うくらいバリエーションが多いです。

今のクレンジングは、アラフォーからの毛穴、乾燥、しわ、くすみといった悩みにアプローチする成分が含まれていたりするので、自分が悩んでいるエイジングサインに合ったクレンジングを選ぶというのも方法ですね。

シンプルに落とすだけのクレンジングを重視するのであれば、天然成分の多さ、たくさん原材料が入っていないクレンジングを選んだ方が良いです。

クレンジングはお肌への摩擦の少ない方が良い

クレンジングの時に、お肌をこすりすぎてしまい、お肌のバリア機能が低下すると、お肌が季節によってゆらぎやすくなったり、大人ニキビなどの肌トラブルにもなってしまいます。

ですので、摩擦を減らすためにも、よほどの事情がない限り、クレンジングシートを使うのは避けましょう。

一概に、どのクレンジングタイプが良いのかとは言えませんが、テクスチャーの伸びが良いタイプのものの方が、顔への摩擦を減らすことが出来ます。

出産年齢にもよりますが、まだまだ子供も手がかかり、自分の事は後回しになりがちであれば、クレンジングは後回しにして化粧水などの方を重視しがちかもしれません。

だけど、クレンジングはお肌の土台を作るうえでの大事なもの。美容液やクリームがお肌の角層に浸透していくのは、クレンジングで、きちんとお肌を毛穴からキレイにしてあげているからなんですよ。

だからこそ、クレンジングにもっと気を付ける必要があります。

クレンジングは出来るだけ刺激が少ないものを選ぶ

香料、エタノール、着色料、DPG(ジプロピレングリコール)など、アレルギー反応を引き起こす可能性があるといわれています。敏感肌や乾燥肌の方は、出来ればパッチテストをしてから使った方が良い成分です。

クレンジングを選ぶとき、7つ、9つ無添加処方と書いてあったりしますが、何が無添加処方なのかをきちんとチェックした方が良いです。出来るだけシンプルな成分のクレンジングが良いですが、大げさに無添加の数だけ強調している場合もありますので成分をチェックしてみてくださいね。

界面活性剤も強すぎると、お肌にとって必要なセラミドや皮脂までもなくなってしまいます。そうなると、バリア機能が低下して乾燥肌やしわの危険にさらされることにもなります。

今、石油系界面活性剤がクレンジングに使われないのは当たり前の社会になっていますが、合成界面活性剤は使われています。メイク残しがあると、お肌の皮脂と合わさって酸化してくすみなどの原因になります。

メイクを洗い落としてくれる合成(もしくはアミノ酸系)界面活性剤の存在は必要ではありますが、必要以上に強すぎる必要もないので、クレンジング後のお肌を見て、お肌がつっぱったりしていないかチェックしてみて下さい。

さいごに

クレンジング次第で、その後の化粧水、美容液などの美容成分がお肌に効いてきます。

アラフォーともなれば、エイジングサインと向き合っていかなければなりません。

できるだけお肌に合ったクレンジングを使う事で、若く見えることにもつながります。ぜひぜひ皆さんも、クレンジングで自信のあるお肌への一歩を歩んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です