目の周りのくすみの改善方法は?よくあるギモンに答えます

faq




前回の記事では、目の周りのくすみの主な原因は、「乾燥」「血行不良」「加齢」「紫外線」という事をお伝えしました。

ここでは、その具体的な目の周りのくすみに対しての改善方法について、シチュエーション別に紹介していきたいと思います。

目の周りのくすみに対して改善方法

まめこ
アイメイクをしてキメたい時は何を使えばよいの?

お湯で落とせるタイプのアイライナーやマスカラがおすすめ。オイル配合でまつ毛の乾燥まで防げるアイテムもあります。クレンジングで余計な負担をかけずに済むので、くすみだけでなく、乾燥、しわ対策にもなります。

歳を重ねると、若い時と同じ化粧品ではなくて、柔軟に変えた方が賢い!ですよね。

まめこ
くすみも化粧も落ちないよ・・・クレンジングはどれを選べばよいの?

もし、油分の強いアイライナーやマスカラなどを使った場合、目の周りをこすらずにするんと落ちるような、ポイントメイクアップリムーバーがおすすめ。力を入れずにこすらずに落とすのがポイントです。

まめこ
ポイントメイクアップリムーバーがなかったら、どのクレンジングが良い?

日頃のメイクの濃さと肌質によって決めた方が良いです。

ナチュラルメイクであれば、クレンジングジェル、ミルクやリキッドでもメイクが落ちますし、しっかりメイクであれば、クレンジングオイルやバームだとすっきり短時間でメイクが落ちます。

敏感肌であれば、無添加処方やドクターズコスメ、シンプルな原材料や、天然成分の多いクレンジングがおすすめ。
乾燥肌の場合も、敏感肌と同じ選び方でクレンジングを選んだ方が安心。特に、クレンジング方法に気を付けた方が改

アイクリームや目元用美容液を使う

クレンジング後は、保湿対策を怠らないように気を付けましょう。ハリを与えるアイクリームや目元用美容液を使うのも1つの方法ですね。

また、メラニンによるくすみを予防するには、美白有効成分入り(ビタミンC誘導体や4MSK等)のアイクリームが良いです。

決して、高いお値段であれば良いという訳でもなく、毎日続ける事に意義があります。続けられる範囲の中でのスキンケアを使ってみてください。

紫外線対策をする

冷暖房によって、一年中紫外線対策をする必要があります。紫外線を微量でも浴び続ける事によって、お肌のバリア機能が低下して、お肌の中の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

つまり、紫外線を浴びる事で乾燥してしまうという事なんです。

お肌に潤いがある状態だと、お肌の角質層と呼ばれる外側のお肌が、紫外線や塵、花粉といったダメージからお肌を守ってくれるようになります(バリア機能が正常に働いている状態です)。

そうすると、肌トラブルも減りますし、ターンオーバーの乱れも整ってきます。

ターンオーバーが整ってくると、摩擦や紫外線によって出来てしまったメラニン色素が排出されやすくなり、くすみが改善されやすくなってくるわけなんです。だから、紫外線対策怠らずにしましょうね。

まめこ
目がかゆい時どうすれば良いの?

洗眼や人工涙液用目薬(防腐剤なし)を使って、目を掻く回数を減らした方がベタ―です。防腐剤入りの目薬だと、角膜を傷つけてしまうかもしれません。

また、つらい花粉症で何回もこすってしまう場合は、コンタクトではなくメガネをかけて。お家の中では、加湿器や空気清浄機を投入しましょう。

まめこ
目の周りの血行をよくする方法は?

忙しくて毎日忘れちゃうという場合は、お風呂の浴槽に浸かっている時に、手を目元に当ててあげるというシンプルな方法もおすすめ。目元がじんわりして、とーっても気持ちが良いですよ。ホットアイマスクもおすすめです。

多少面倒でも大丈夫という場合は、レンジでチンした蒸しタオルを目元に当てるのを週に1,2回すると良いでしょう。

マッサージは、目の周りの皮膚が薄いし、目自体もデリケートなので心配。

目をぐるっと時計回り、反時計周りに回す、ギュッと目をつむって、パッと開けるといったシンプルなエクササイズでも、目の周りの血行を良くすることができます。

「エクササイズなんて毎日無理無理!」と思っているなら、目を開けたり閉じたりするだけなら出来そうですよね!。

目の周りの血行を良くするエクササイズ

  • あごを引き、軽く口を開けたまま鼻の下を伸ばす
  • 視線を上に向ける
  • その状態のまま、まぶただけを閉じる
    (1日5回程度繰り返す)

こういったエクササイズは毎日習慣づけるのが難しいのが難点。毎日のルーティーンの決まりきった流れ作業として、お風呂に入りながらする、歯を磨きながらエクササイズをするなど、クセを作っていけると忘れにくいです。

まめこ
睡眠不足なかなか解消できないんだけど?

とてもよく分かります。ママは、やっと一人の時間が出来るのが夜の10、11時だったりする事もあります。「1日が早い。」と嘆いてしまいたくなりますよね。

睡眠不足は、血行不良を引き起こすので、血行を良くするようにしてみてください。週末に運動する、お風呂に浸かる、寝る前は、スマホを見ないなど、ぐっすりと眠れるように睡眠の質を高める、毎日決まった時間に寝るといった事を気を付けてみてくださいね。

まめこ
パソコンやスマホを長時間使わざるを得ないんだけど?

パソコンやスマホのブルーライトカット設定にしたり、シートを貼ったり、画面を暗めに切り替えましょう。
ブルーライトカットのメガネという方法もあります。だけど、お値段が安いレンズだとカット率が低いです。

パソコンやスマホを使ったら、時々、目を休ませてくださいね。例えば、遠くのものを見たり、目をゆっくりと上下左右に動かしたりするだけでも全然違いますよ。

目と画面の距離と高さ調整も気を付けて。目とPCやスマホ画面の距離を出来れば30㎝はとって欲しいです。目が疲れてしまうから。あとは画面を見る時は、視線はまっすぐ前かやや下を見るのであればOK。見上げる事は滅多にないと思いますが、見上げると目がドライアイになりがちなんです。

因みに、ブルーライトって人の目に見える可視光線の中で一番波長が短く、強いエネルギーを持っていて網膜にまで達するんです。しかも、パソコンよりも一番ブルーライトを多く発しているのが、スマホです。次に、ゲーム機なんですよ。

まめこ
目の周りのくすみを改善する食べ物ってあるの?

皮膚の細胞膜や皮脂膜を作るといわれている不飽和脂肪酸のオメガ3です。

魚油(青魚に含まれるEPAやDHA)やアマニオイルやえごま油に多く含まれています。

DHAには、赤血球を柔らかくする働きがあり、 EPAは、血液が固まるのを防ぐ役割があるといわれています。こういった事から、めぐりが良くなり、くすみにも良い働きをします。

また、良質なオイルだと、お肌や髪の毛への潤いやツヤにも良いんですよ。

さいごに

目の周りのくすみを改善する方法について紹介しました。

全部を完璧にするのではなく、出来る範囲でする事が何より大事だと思います。
少しでも、皆さんのくすみの悩み改善にお役に立てたら嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です