ホットアイマスクは美容にも老眼予防にも良しでぐっすり快眠

eyemask




ホットアイマスクって目の周りを温めてくれて、すごく気持ちが良いですね。
血行を良くしてくれたり、リラックス効果もあります。

実際に、私もパソコンやスマホをよく使うので、目が充血したり、ゴロゴロしたりと眼精疲労を感じています。
ホットアイマスクを寝る前に使ってますが、本当に気持ちが良くて、あっという間に寝てしまっています。

翌日起きた時に、ゴロゴロ感が取れたという劇的な改善はないものの、目元が軽くなっているような感じがしています。ホットアイマスクでどんなメリットがあるのかを紹介したいと思います。

ホットアイマスクのメリット

  • 血行促進
  • 目の調節力の低下を防止
  • ドライアイの改善
  • リラックス効果

血行促進

血行促進ってそんなに大事?って思うかもしれません。だけど、超重要なんです。
なぜって、血行不良だと、たるみ、しわ、シミ、青、茶クマ、くすみ、眼精疲労になってしまうからです。
しかも、見落としがちなのが、まつ毛。まつ毛にも栄養が行き渡りにくくなるため、まつ毛の老化も促進させてしまうんです。

冷え性やパソコンなどの長時間の使用などで目の周りの眼輪筋が凝り固まると、目の周りの毛細血管の血液がスムーズに流れなくなります。そうすると、全身に送り込む必要な栄養や酸素が血管内で滞ってしまいます。栄養がすみずみに行き渡らない分、肌のターンオーバーがスムーズに行われません。

しかも、加齢によって、この毛細血管自体も劣化してしまい、血管が弾力を失って硬くなってしまいます。その結果、肌トラブルも起きやすくなるんです。

見落としがちな目の周りの血行促進。いかに大事がお分かりいただけましたでしょうか?

目の調節力の低下を防止

agingeyes

早いと40才前後から老眼になる人がいるんだそう。しかも、男性より女性の方が老眼になりやすい傾向があるようです。

老眼とは、目のレンズの役割をしている水晶体が加齢によって硬くなり、目のピント調節を行っている毛様体筋という筋肉の調節がきかなくなって、近くのものが見えにくくなる状態の事です。

ですが、実際にこうなる前に、目が疲れる、ショボショボする、夕方になると物が見えにくくなるといった症状から老眼は始まっているんです。

ホットアイマスクによって、肌の深部が温まることで、ピント調節機能を行っている毛様体筋のコリがほぐされ老眼予防に良いという訳なんです。

スマホ老眼について

現代社会の必需品になったスマホ。
20~30代でも増えてきている「スマホ老眼」ってご存知ですか?スマホ老眼は、40代以降になる老眼とは意味が違いますが、スマホを見続ける事によって、一時的に老眼のような字が見えにくいといった症状が出るためにスマホ老眼と呼ばれています。

というのも、近い距離で、小さい画面の中の小さい字を見続けてしまうため、目のピント調節機能の役割を果たしている毛様体筋が凝り固まって、字や物が見えずらくなってしまうからです。

ドライアイの改善

目元を温める事で、まぶたの中にあるリボソーム腺から脂が分泌されやすくなります。この脂が、眼球の上の涙を覆うように膜を作ります。その事で、涙の蒸発を防いでくれるのでドライアイが改善されるというわけです。

リラックス効果

やはり、リラックス効果を感じる事が多いのではないでしょうか。
私たちは、笑ったり、安らいだり、ストレスを感じていない、リラックスしている時に、副交感神経が優位になります。

寝る前にホットアイマスクを使うと良いと言われるのは、ホットアイマスクによって、副交感神経が優位になるからです。また、毛様体筋を動かしているのも副交感神経で、目元には、副交感神経が集まっているんです。

このため、安眠効果が得られやすいんです。翌朝起きた時の目覚めが良くなる、リフレッシュ感が良くなりますね。

また、寝る前にホットアイマスクを使って、光を暗くすることで、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが分泌されやすくなります。

実際にホットアイマスクを使ってみて

hoteyemaskpackage
今や、ホットアイマスクは、観光客にも大人気。

ホットアイマスクには色々な種類がありますが、一般的に人気があるのは、ドラッグストアに沢山並んである使い捨てや電子レンジで加熱するタイプのものです。

旅行用や携帯するなら使い捨てが便利ですが、家で使うなら、電子レンジで繰り返し使えて、なおかつ、カバーが繰り返し洗えるものの方が衛生的です。

というわけで、ピップ(株)の「夢みるここちのほっとリフレ」を使ってみました。繰り返し洗えるカバーつきという点があずきのチカラとは大きな違いです。

見た目は、ピンクの水玉模様で、かわいいともなんともいえないのですが、まぁ気にしません。

実際に電子レンジに入れる前に、中身のシリカゲルをカバーの中に入れてから温めます。このカバーは、ポリエステルだけどふわもこ素材なので厚手で柔らかいんです。

電子レンジ500Wで20秒と書いてあるものの、実際はぜんぜん温まらないので、50秒にしてみました。そうすると中身自体触ると、かなり熱かったのですが、カバーが厚手なので、ちょうど気持ち良い具合でした。

実際は、各家庭にあるレンジの機能によっても変わるので時間調整は必要です。チンしたら、温かさにムラが出るから振った方が良いのかなと思いきや心配無用でした。

このホットアイマスクは耳ひもの長さを変えれる、しかも、ひもは目に直接当たらない上側にいくので、使いやすかったです。

この状態でつけたまま寝ます。どちらかというと、まぶたの下というより、眉毛やまぶた全体に温かさを感じました。

「ホットアイマスクをつけたまま寝て大丈夫かなぁ?」と私も心配に思いましたが、実際、1週間毎日使っていますが、今のところ問題ありません。大体、ホットアイマスクが冷める前に爆睡状態です(笑)。

耳のひもを長めに設定しておく、もしくは耳ひもを使わなければ、寝ている間にベッド下に落ちていたりするので長時間使用は防げます。

実際に使った感想

hoteyemask1

とてもとても気持ちが良すぎです。翌朝起きた時に、目の疲れがとれたような軽さが感じられました。ゴロゴロ感が全くなくなったという訳ではありませんが、かなり軽減されました。私は、平均睡眠時間が5時間なので、睡眠時間をもう少し7時間ほど取れればまた結果は変わったかもしれません。

耳ひもをつけて寝ると、多少ズレはありますが、目を覆っているため乾燥予防にもなります。ですので、冬乾燥しやすい目元にもホットアイマスクは使えるなと思いました。やっぱり、目元はしわができやすいスポットなので、乾燥対策にもメリットを感じました。

さいごに

ホットアイマスクは、目元の血行促進、目の調節力の低下を遅らせる、ドライアイの改善、リラックス効果があります。このことで、老眼やスマホ老眼になりにくい習慣をつけたり、目の疲れといった健康面でもメリットがあります。

一方で、しわ、シミ、クマ、たるみなどにも良い影響を与えるので、健康と美容にもメリットがあります。

ですが、使用上の注意として、次のような点もあります。

  • コンタクトは外して使う
  • 1日4回限度で加熱使用後、次の使用まで4時間以上にあける必要がある
  • 長時間同じ部位に当てない
  • 医療器具ではないので治療を目的では使用しない

寝ながら使うという事は、おすすめしていませんね。確かに、ホットアイマスクを目元に一晩中のせるには少し重いかもしれません。皆さんが、実際に使う時は、使用上の注意を読んで正しく使ってください。


40代美人は目元がリッチ
目元に優しいクレンジング






目元は見た目年齢や第一印象を左右する重要なパーツ。目元が若々しい人に限って大事にするのがクレンジングです。目元を若々しくキープするクレンジングを本気で見つけてみませんか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です